ホーム > お知らせ > 厚生労働省にサイバー攻撃(DDOS)アノニマス
 

厚生労働省にサイバー攻撃(DDOS)アノニマス

2016-01-26 6:17 PM お知らせ

安倍首相、日産自動車、成田空港、のホームページに続き、厚生労働省のホームページにも、アノニマスの犯行と思われるDDOS攻撃が相次いでいます。厚労省は、昨年の11月、今月25日、26日、判明しているだけでも、3回の攻撃を受けています。

 

これらの攻撃は、ある意味、序章に過ぎないくらい、いとも簡単に政府のサイトがダウンすることを物語っています。WEBサイトやサーバへのDDOS(不正アクセスが集中して閲覧しづらくなる攻撃)で済んでいるいるから良いものの、これらが、

・情報窃取、漏洩

・漏洩した情報の悪用

・悪用により特定の個人に損害

にもつながっていき、国民に直接的な被害が生じるケースも増えていきます。

 

仮に、政府は対策を強化できたとしても、金銭的に余裕のない地方の場合のことも考えなければなりません。サイバー攻撃は待ったなしです。我々も、日々、できることから順番に、失敗を恐れず、良いと思った対策をうっていくべきだと思います。

 

昔は、限られた場所にしかなかった防犯カメラでした。でも今ではどうでしょうか?ビジネスビルも、コンビニも、各マンションも戸建ても、街の公園から歩道にまで、ありとあらゆる場所で見かけます。そしてそれらは、犯罪の抑止にも貢献しているはずです。

 

サイバー空間においても、監視を含むセキュリティ対策、不審なアクセスへの調査や追跡など、犯罪抑止のための具体策を、皆様にご提供させていただきたいと思っております。

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。