ホーム > お知らせ > 長崎とチェルノブイリの深い関係(長崎県庁での会談)
 

長崎とチェルノブイリの深い関係(長崎県庁での会談)

2015-11-28 11:05 PM お知らせ

大変お忙しいところ、長崎県庁にお招きいただきましたことを深く感謝いたしております
ウクライナと長崎は、放射能研究の分野において、大変深い関係がございます。昔から互いの信頼関係も構築されており、新しく、サイバーセキュリティ分野で共同作業を行うことに、気持ちの壁は無いように感じました。

・濵本磨毅穂 副知事
・山下和孝次長
・村里祐治参事

をはじめ、長崎県職員の皆様、ご多忙の中、大変ありがとうございました。

 

イーライトは、サイバーテロがどのように起こるのか熟知しております。無数のサイバーテロを体験してきたからです。そしてそれらのサイバー攻撃を捜査するデジタルフォレンジックについても、深い経験があります。

 

これらの経験を活かして、長崎県を筆頭に、日本の各地方自治体のサイバーセキュリティ、情報、を守っていきたい考えです。

 

※下記の写真は、2015年11月28日、長崎県庁にて撮影されました。
長崎県庁にて副知事様らと行われた会談の様子
長崎県庁にて副知事様らと行われた会談の様子
 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。