ホーム > ニッポンを守る技術 > ネットワークセキュリティ 脆弱性診断
 

ネットワークセキュリティ 脆弱性診断

ネットワーク診断とは?

サイバー空間において、インターネットとつながったシステム(例えばサーバなど)は、犯罪者からの攻撃を受けやすく、常に危険と背中合わせです。また、2010年以降くらいからは、インターネットとつながっていない組織内のシステムでも、標的型攻撃(APTなど)、インサイダー、ソーシャルエンジニアリングなどにより、機密情報の漏洩・流出が絶えません。そんな状態を阻止するために、ネットワーク診断を行います。

インターネット経由の診断

ネットワーク診断は、そこに潜む脆弱性の検出と、悪用された場合のリスク調査の繰り返しで、職人による地道な手作業です。インターネットを経由し、外部ネットワークから脆弱性を調査し、同じく外部ネットワークから模擬攻撃(不正侵入など)を行うことで、そのシステムに潜む危険を明らかにし、その上で、修繕し、詳細な報告書を作成します。

イントラネット(企業内ネットワーク)の診断

ネットとつながっていない組織内のシステムの場合には、イントラネット内から脆弱性を調査し、万一不正な社員・職員がいる場合に起きうるリスク(危険)を想定します。その上で、企業内ネットワークから模擬攻撃(情報泥棒など)を行い、社内の機密情報の流出、組織幹部のメールや個人情報の流出の可能性を明らかにし、その上で修繕策と報告書を作成します。

料金

お見積りを開始されたい方へ 
 (今の状況とご要望をお聞きし、お見積りをスタートします)

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。