ホーム > ニッポンを守る技術 > 業種別のサイバーセキュリティ
 

業種別のサイバーセキュリティ

攻撃の目的や手法が多様化

サイバー空間は、できて間もない空間です。今後、もっともっと進化するとともに、犯罪者による攻撃目的や手法も多様化・細分化していきます。それに上回るスピードで、セキュリティ技術を向上させていかなければなりません。

事業の特色に応じたセキュリティ強化

例えば人気サイトの場合、逆恨みなどによる攻撃や、会員情報を盗もうとする攻撃が絶えません。例えばインフラ(電気・水道などの)システムであれば、インフラ機能そのものに障害を与えるような攻撃を考える犯罪者は大勢います。例えば、国家のシステムであれば、諸国民の情報はもちろん、第1級のシークレット情報も狙われます。例えば、IOT時代に突入していくと、家電を不正に遠隔操作し、不具合を生じさせるような攻撃も多発すると予想されています。
 
それぞれ狙われやすい箇所や手法を徹底的に解析し、それぞれのシステムに特化したセキュリティ体制を作り上げていくのが、弊社イーライトのセキュリティ方針です。狙われやすいシステムの場合、通常はこれまでに偵察(攻撃前のスキャンなども含む)を必ず受けています。闇雲にセキュリティ体制を構築していくのではなく、過去に外部から行われた偵察や攻撃を詳しく解析(デジタルフォレンジック)し、最善のセキュリティ対策を導き出します。
 
弊社イーライトでは、高いレベルのセキュリティを構築するため、システム開発・攻撃技術(ペンテスト)・捜査技術(フォレンジック)・教育を一貫してお客様にお届けしています。

関連メニュー

オンラインゲームのセキュリティ

・・・ オンラインゲーム事業を進めておられる企業様向けのセキュリティとは?

オンラインバンクのセキュリティ

・・・ オンラインバンク運営企業様の悩みを解決できるセキュリティとは?

ECサイトセキュリティ

・・・ ECサイトに起こりがちなサイバー攻撃から守るセキュリティとは?

料金

お見積りを開始されたい方へ 
 (今の状況とご要望をお聞きし、お見積りをスタートします)

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。