ホーム > ニッポンを守る教育 > サイバー攻撃対策なら情報セキュリティーコンサルティング
 

サイバー攻撃対策なら情報セキュリティーコンサルティング

イーライトには、サイバーセキュリティー技術と同時に、
 

暗号技術

セキュリティーがしっかりしたシステムの構築およびインテグレーション技術

 
があります。
 
例えば、2020年、東京オリンピックに関係するシステムの場合、システムの大きさも数も膨大ですので、最初からセキュリティーをしっかりと考えたシステムを構築しインテグレーション(つなぎこみ)をしないと、作り上げてからでは手遅れか二度手間になります。セキュリティーをしっかり考えたシステムの構築に、イーライトの技術は必須です。
 
上記の技術とノウハウを用いて、『サイバー空間における大規模な攻撃に備えたセキュリティーサービス』を提供できます。サイバーセキュリティーは複合的で抜けが無いことが重要であり、どこが欠けても、その欠けた部分は弱みとなりえます。
 
イーライトの強みとしては、ブラックボックス、ホワイトボックス、APT、ソーシャルエンジニアリング、インサイダー、ゼロデイなど、ありとあらゆる手法や脆弱性が立体的に想定でき、システムのセキュリティー強化にとどまらず、国家の重要な機関全体を見渡し、セキュリティーポリシーの見直しから、新システムの構築・インテグレーション、技術人材の育成から訓練まで、一貫して強いセキュリティーを築きあげる技術力(①)です。知識だけではなく技術力があります。これは、サイバーセキュリティーコンサルティングに求められる第一条件です。
 
サイバーセキュリティーコンサルティングに求められる第二条件は、万が一、攻撃をされて、大きな被害が出た場合、そして、その被害を大々的にメディアで報道された場合の一連の対応力(②)です。この処理対応の
 

スピード

世間に公表する内容

世間からの印象

 
によって、企業に与える最終的な被害の大きさには雲泥の差が生じます。被害例は、こちらをご参照ください。
 
サイバーセキュリティーコンサルティングに求められる第三条件は、被害状況を正しく把握できる捜査力(③)です。こちらも①と同様に知識だけでは意味がなく、フォレンジック捜査(デジタル鑑識)できる技術力が必要です。この捜査力によって、②の対応力に差が出ます。たとえば、最初は100万件の個人情報流出と公表していたものが、その後の捜査で500万件の流出、1000万件の流出となってくると、最初に出していた数字は誤りの数字となり、企業のイメージが低下してしまいます。それよりも、正しいフォレンジック捜査を素早く行い、最初から正しい情報流出件数、経路などを公表したほうが、その企業の対応力に一定の評価を得ることができます。
 
イーライトは、ニッポン企業様への情報セキュリティーのコンサルティング、アドバイザーを行う上で、
 
①セキュリティーに通じる技術力、
②メディアなどへの一連の対応力、
③被害状況を正しく把握する捜査力、
 
を活かすとともに、数々のサイバーテロ、サイバー戦争を通じた、経験からのアドバイスも行ってまいります。

期間

1年更新

よくあるご質問

Q, コンサルティングを依頼するメリットは何ですか?
A, 企業や組織のサイバーセキュリティーを最も効率的に作り変えることができることです。例えば、無駄なセキュリティー投資を控え、間違ったセキュリティーポリシーを見直し、万が一の有事にも備えられます。日本の情報セキュリティー企業からは教えてもらえない、セカンドオピニオンとしてのコンサルティングが行えます。
 
Q, コンサルティング費用に、セキュリティー(ペネトレーションテスト)費用や、捜査(フォレンジック)費用は含まれていますか?
A, こちらは含まれておりません。コンサルティング(アドバイザー)業務と、技術業務(実務)とは、分けさせていただいております。
 
Q, コンサルティングされている導入事例はありますか?
A, 色々な形でのコンサルティング(アドバイザー)業務を行ってまいりました。それは企業様だけではなく、国家組織(例えば税務署や軍隊など)に対しても同様でございます。こちらのページからご確認をいただければ幸いです。

料金

お見積りを開始されたい方へ 
 (今の状況とご要望をお聞きし、お見積りをスタートします)

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。