ホーム > 今、ニッポンが危ない > サイバー攻撃被害の実態
 

サイバー攻撃被害の実態

企業の場合の被害例

信用の失墜
顧客情報が拡散
退会者が続出(新規入会者の減少)
雇用問題の発生
競争力が低下
株価・時価総額の急激な下落
金銭被害や負債
倒産
イベント、新製品の発表、行事の停止・自粛
引責辞任
長期的な風評被害
流出した情報が別の犯罪に悪用される二次被害
社内の別の問題・弱みなどが、連鎖的に露呈する二次被害

企業とは異なり、国家の場合の具体的被害例は、より多くの国民に、より深刻な被害をもたらしま すので、犯罪者にヒントを与えないためにも、本書での記述は避けさせていただきます。

 

関連項目

サイバー攻撃

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。