ホーム > ブログ記事 > アイフォンウイルススキャンできるアプリを開発【iPhone/iPad】
 

アイフォンウイルススキャンできるアプリを開発【iPhone/iPad】

2016-06-03 3:41 AM

http://securitysoft.asia/smartphone/iphone-check.php

上記情報サイトを拝見させていただきますと、

iOSをウイルススキャンする方法はありません。

と言われております。

 

 

しかし、アイフォンを乗っ取るための方法は日に日に巧妙化してきており、今現在、アイフォンが乗っ取られているか否かを各ユーザーが簡単に確認できるようにすることはとても重要なことだと感じておりました。

 

そこで、弊社の技術部署に依頼をし出来上がったのが、「ハックレーダー」というアプリです。

 

現在、アイフォンとアイパッドは、非常に便利なデバイスであるだけでなく、ユーザーの「個人情報用の金庫」も同然です。連絡先・写真や動画・個人通信データ(メール、メッセンジャー、ソーシャルネットワーク)、支払いシステムのデータ(モバイルバンキング)などなど、利用者にとって重要な情報がたくさん保管されています。

 

しかし、先にも述べたとおり、アイフォンやアイパッドがハッキングされる環境はどんどん増えてきていることをご存知でしたでしょうか?

 

もしもハッキングされた(乗っ取られた)場合、犯罪者はデバイスに入っている個人データに不正アクセスすることができます。一般的なユーザーであれば、自分のアイフォンがハッキングされているかどうかなど、全く気づくことができません。「スパイソフト」は、いつもばれないように活動しているからです。

 

スパイソフトを使うと、犯罪者はリモートでデバイスの管理ができるようになります。デバイスのファイルシステムへのアクセスも不正取得できますし、アプリケーションの設定を変更することもできます。

 

ですから、大きな被害にあうまえに、自分自身のアイフォンやアイパッドが乗っ取られているか否かを確認できるHackRadarを開発しました。

 

ハックレーダーは、「あなた様のアイフォンが、ハッキングされているかどうか?」を教えてくれるアプリです。

 

 

ハックレーダーに関するQAをご紹介します。

 

1. Q:隠されているジェイルブレイクとは?
A: ハックされていること自体を隠しているソフトウェア的なハックです。

 

2. Q: ジェイルブレイクがインストールされたら、どのようなリスクがありますか(例)?
A: ジェイルブレイクがインストールされていると、スパイソフトのインストールが可能になります。スパイソフトは、通信されているSMSの管理、メッセンジャーの通信の管理、環境の録音、銀行情報の監視などを可能にしてしまいます。

 

3. Q: 犯罪者は、隠されているジェイルブレイクでLineとか、WhatsAppとか、Viberなどのメッセンジャーを管理できますか?
A: はい。できます。

 

4. Q: 犯罪者は、隠されているジェイルブレイクで銀行の送金の時の一時的なパスワードを把握できますか?
A: はい。できます。

 

5. Q: デバイスが盗聴されているかどうか、ハックレーダーでわかりますか?
A: ハックレーダーは、アイフォンに盗聴機能のあるソフトウェア がインストールされているかどうかを確認できます。

 

6. Q: ハックレーダーは、すべてのiOSのバージョンのスキャンが可能でしょうか?
A: iOS7.1~最新バージョンでスキャンが可能です。

 

7. Q: ハックレーダーでスキャンを行うと、もしもデバイスにマルウェアがインストールされている場合、全て見つけることができますか?それとも、デバイスの中で、スキャンできない部分もありますか?
A: 全て見つけることができます。犯罪者(ハッキング)の技術も止まらず進んでいますから、スキャナーのアップデートも随時行います。

 

8. Q: もし、ハックレーダーが不正なソフトウェアを検出した場合、どうすればいいですか?
A: お客様がフォレンジック(アイフォン内部の捜査)を求めない場合、工場出荷時の設定にリセットすればデバイスは治ります。

 

※ハックレーダーは現在App Storeに申請中です。日本語でも対応できるように急ぎます。

 

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。