ホーム > ブログ記事 > サイバーセキュリティの下請け、アウトソーシング承ります
 

サイバーセキュリティの下請け、アウトソーシング承ります

2016-04-20 4:56 PM

日本市場では特にサイバーセキュリティ人材が不足しています。官民ともにその状態は顕著で、官によりますと、16万人の不足が発表されています。そのような現実の中で、下記のような経営者様がいらっしゃいましたら、いつでもお声掛けください。

 

 

 

●サイバーセキュリティを新規事業として立ち上げたいので、もう少し人材がほしい

 

●サイバーセキュリティ対策の依頼が殺到しており、取りこぼしをなくしたい

 

●脆弱性診断の人材が足りているが、ペネトレーションテストができる人材がほしい

 

●SOCを24時間体制で行いやすくするために、海外の拠点がほしい

 

●インフラへのセキュリティを行うために、サイバーテロや戦争を経験した人材がほしい

 

●自社クライアントへの攻撃が増えているので、デジタルフォレンジックの人材がほしい

 

●エティカルハッカー(ホワイトハッカー≒善玉ハッカー)の育成スピードを上げたい

 

●非常に高いレベルのセキュリティシステムを開発したい

 

という経営者様がいらっしゃいましたら、是非、弊社までお問い合わせください。

 

 

 
 

セカンドオピニオンのe-light

イーライトは、ニッポンの情報セキュリティのセカンドオピニオンを目指します。国内の情報セキュリティ企業様とは異なる、「第2の意見」として、御社様のより良い決断に貢献できれば幸いです。